北欧スタイルのカーテンの特徴と上手なコーディネートのコツ

北欧カーテンの特徴って?どんなもの?

北欧カーテンの特徴を探る

北欧カーテンには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

一般的に、北欧カーテンというのは、柄物が多いです。
もちろんシンプルな色合いで、模様が入っていないものもありますが、かなり大柄な柄を配置したものも多く、「北欧カーテン」という言葉からイメージされるような「シンプルさ」はあまり多くないのが特徴です。

 

ともすれば、うるさいとも感じられるほど大きな模様をちりばめた北欧カーテンは、思いのほかカラフルで、「北欧家具」を知っているひとからすれば、逆に戸惑うことも多いかもしれません。

 

どんな部屋に使えばいい?

もちろん、北欧カーテンの使い方はさまざまです。上であげたものも、あくまで一例ですからね。
ただ、それを踏まえた上で、北欧カーテンをどんな部屋に使えばいいか、というのを考えていきましょう。

 

北欧カーテンは、上記で触れたように柄が大きい傾向にあります。そのため、大きな窓と相性がいいです。
リビングなどに配置するといいですね。また、カラフルな色合いも特徴の一つですから、子供部屋などに採用してもいいでしょう。

関連ページ

北欧家具の特徴
北欧の家具、インテリアにはどんな特徴があるのかご紹介
北欧ソファー
北欧スタイルの差ファーはどんな特徴があるのでしょうか。
北欧テレビボード