北欧家具ってどんなもの?

北欧風インテリアの特徴について

北欧風インテリアの特徴とは

北欧風インテリアで家を作り上げたい、というひとは、それほど少なくはありません。では、北欧風インテリアとはいったいどういうもので、どんな特徴があり、そしてどんなところに注意しなければならないのでしょうか。

 

北欧風インテリアの最大の特徴は、「木の質感を大切にする」というところにあります。
北欧風インテリアの多くは、「木」という私たちにとって身近な素材を使っています。

 

家具に使われる木は、色合いが柔らかく明るく、ホワイトに近いブラウンであることが多いです。
もちろん、濃いブラウンであることもありますが、北欧風インテリアの場合は、やはり根底に「淡さ」「柔らかさ」が流れています。

 

北欧風インテリア、家具以外の特徴は?

反面、北欧風インテリアの場合、「布」はビビットで刺激的で、かつ大柄なデザインが多いです。
カーテンなどはその象徴とも言えます。黄色や赤色、そして明るい緑色を使い、ぱっと目を引くデザインになっています。柄も大柄なものが多く、かなり目立ちます。

 

北欧風インテリアは比較的好き嫌いの少ないインテリアの傾向ではあります。
しかし「布」をあまりに多く配しすぎてしまうと、部屋全体が非常にうるさいものになってしまいます。

 

また、布に関しては、よく言えば若々しいのですが、悪く言えば若干幼い雰囲気がありますので、リビングなどに取り入れる場合は、よく考えなければなりません。

関連ページ

北欧ソファー
北欧スタイルの差ファーはどんな特徴があるのでしょうか。
北欧カーテン
北欧スタイルのカーテンにはどんな特徴があるのかご紹介します。
北欧テレビボード